Salud家庭内医療ソリューション

事例 Salud家庭内医療ソリューション

背景

高齢者の人口増は新しい多くのデバイス需要を生み出し、高齢者が一人で安全に自分の家で生活できるように支援します。国際デザインコンテストの一部門として、アリゾナ州立大学の学生ムリエル・シールズ氏はドースン・シン教授の元で自動薬品ディスペンサーを開発しました。このデバイスは、冷蔵庫にある既存の製氷ディスペンサーの場所に取り付けます。この装置は、二人のユーザーに錠剤を吐出するように設計されており、オーディオとビジュアルの信号を発して、さあお薬の時間ですよ、と表示します。

問題

目標は、高齢者に必要な数の錠剤を安全に送出する自動医薬管理デバイスをデザインすることでした。このデバイスを使うため、全ての医薬品は薬局から注文されるべきであり、そうするとNFC(ニアフィールド通信)チップの付いた特殊な瓶に入れられ高齢者の元に届きます。このデバイスは二人分をサポートするため、各人が自分の医薬品のセットを持つことになります。このデバイスは医薬品がその日の間、プログラムされた時刻に音のアラームと目で見るアラームによって各人に送出されます。デバイス上のユーザーインターフェースは、あるパスコードで各人に促しますので、その人ごとに適切な錠剤が送出されます。レバーを前に引くと自分の手に錠剤を取ることができます。
 
レイアード社の一部門であるモデルソリューション社は、デザインコンテストに学生を含めるようになり、自動薬剤ディスペンサーの試作品を作ることになりました。製造中、複雑ないくつかの問題に出会いました。モデルソリューションのエンジニアとアリゾナ州立大の学生がデザイン要求に合うように共同で作業しました。最も重要なことですが、このデザインは、取り外し可能な部品やタクタイルボタン、そして機能性LEDで発光すべき7つの項目を示すという特長があります。つまり、試作品のデザインには、LEDを設置する内部スペースを十分に取り、このLEDは試作品の中でしっかりと固定しなければならないことになります。

解決策

LEDの問題がいったん解決すると、自動薬剤ディスペンサーの試作品が作られました。この試作モデルを開発する工程には、内部デザインの決定と、CNC機械加工、このディスペンサーのウェット研磨と仕上げ加工、そして最終のアセンブリがあります。この中にLEDの取り付けと配線工程も含んでいます。自動薬剤ディスペンサーはABSとアクリルの樹脂、アルミニウムで作られています。

成果

このSALUD家庭用医薬ソリューションは、家庭内の自動薬剤管理デバイスとしてデザインされ、水や氷のディスペンサーとしても機能します。このデバイスは、薬がなくなったときにユーザーがいつも使っている薬局にデジタル信号を自動的に送るように設計されています。

Photos

All
3D Printing
About Model Solution
Color Systems and Textures
Equipment
Machining
Manufacturing
Materials
Mock-up
Presentations
Tooling
SALUD Home Medicine Solution Model with Functional LEDs
Made from ABS, acrylic and aluminum