よくある質問 (FAQ)

Answers to common questions concerning our processes, lead times, and capabilities

よくある質問

一般的な | 機械加工技術 | の加工技術 | 3Dプリンティング

一般的なFAQ

自分のニーズになぜモデルソリューションを選ぶべきなのでしょうか?
モデルソリューションはデザインのアイデアを探求し、現実感のあるレンダリングを通してコンセプトを可視化します。御社の製品を見てデザイン基準を満たすことを確認することができるようになる完全外観モデルを生成します。御社のデザインが実世界でどの程度の性能があるかをシミュレーションします。さらにCADを使って、御社の部品製造のためのプロセスが最適になるように分析します。もっと先端の3Dモデル加工ツールを使って、当社はアセンブリできる可能性を求めて御社のデータと、製造工程における問題を早期に調べます。当社は部品の内部・外部構造を早めに修正し、その理想的な外観やフィーリング、機能や製作物を確認します。当社のイノベーション研究所を通して、御社は鮮やかな色合いや材質、御社のメタルやプラスチック、ソフト商品のために当社が開発した仕上げ状態を確認します。モデルソリューションは、御社の印刷した紙からプロセスを始めることさえできます。
 
自分の部品を作るためにどんなプロセスを使うべきでしょうか?
御社の部品を一度デザインすれば、モデルソリューションは当社のCNC工作機械技術3Dプリンティング技術を使ってテスト部品を早く高い信頼性で作ることができます。例えば、御社の部品を見て感じることができるようになると、モデルソリューションは次のステップに進み、その部品を量産するための射出成型用の金型機械を作ります。御社のデザインによって、モデルソリューションのエンジニアは、最高の品質と最低のコストの製品をサポートする生産に向け最適なプロセスについて、相談させていただくことができます。
 
もし御社がテストの目的か、あるいはテストやアセンブリ用の冶具を作るための少量の部品しかいらないのなら、CNC工作機械が最良の生産方法でしょう。モデルソリューションの最新鋭5軸CNC工作機械は製造工程をスピードアップし、厳しい許容度の要求を満たしながら非常に複雑な形状の精度を高めますので、1~3日以内に御社の部品を生産できます。しかも、当社の自動機を使えば、初めての部品を作るときに関係する準備時間を取り除くことができるようになります。
 
しかし、テスト用に大量の部品が必要な時、あるいは生産開始の準備をしている時には、射出成型はより良い選択です。モデルソリューションは高精度の工作機械技術を提供していますので、試作品からプリプロダクションや生産向けの工作機械技術まで幅広くカバーしています、このため高品質の部品を御社の手元に届けることができるのです。当社のミッションは、DFM認証から最初の部品納入まで7日間のターンアラウンド期間としています。モデルソリューションは、100個という少量の部品から短期間の生産や10万個以上のエンジニア級の生産まで提供します。
 
誰が御社の顧客にいるでしょうか?
当社は、顧客との契約上、顧客リストを公開しません。しかし、 当社の顧客の中には、証明や事例を共有することを認める企業もあります。顧客情報の詳細を以下お読みください。
 
どのような業界に提供していますか?
1993年以来モデルソリューションは、航空産業や自動車、民生、医療、工業、照明、エレクトロニクスなど、広い産業に向けてサービスを提供しています。
 
工場はどこにありますか?
モデルソリューションは、韓国のソウルと、米国カリフォルニア州ミルピタスに拠点があります。韓国にあるイノベーション研究所は、ラピッドプロトタイピングやモデリング用の材料開発を進めており、当社の顧客のデザインが現実に動作するモデルをもたらし、技術開発したプラスチックや合金、ガラス、コリアン、木製、カーボンファイバ、皮革、繊維などを使っています。
 
どのような種類の製造装置を持っていますか?
モデルソリューションは、全部で67台の高速CNCマシンを持っています。その中には、5軸のCNCマシンが数台、いろいろな金型機械(射出成型機や縦型の挿入金型機やコンプレッションモールド機など)、3Dプリンター(ステレオリソグラフィやFDM、ポリジェット印刷機など)、さらに工作機械や仕上げ加工機や寸法計測装置などがあります。装置リストをご覧ください。
 
見積をどうやって請求できるのでしょうか?
モデルソリューションの特急プログラムは、FAST上であなたの見積書を取ります。モデルソリューションのサイトの全ページに見積請求ボタンがありますので、このボタンを押すとそのフォームにつながります。 当社のウェブサイトからまず御社のアカウントを作ることをお勧めします。
 
当社のデザインを御社にどのようにして提出するのでしょうか?
モデルソリューションは、御社の部品を製造するために紙に印刷した設計図か、CADモデルをベースに作業します。望ましいフォーマットは、Step (.stp)か、 Pro/E (.prt)、UG Parasolid (.x_t or .x_b)、IGES (.igs)、あるいはAdobe Illustrator (.ai)のファイル形式です。当社はAutoCADとUGおよびPro-Engineerのソフトウエアを使っています。一度アカウントを作られると、御社はセキュアなパーソナルプロジェクトライブラリにファイルを直接アップロードできますので、当社のチームメンバーがここでそのファイルをアクセスできます。
 
もし私がイメージしか持たなくても私独自のパターンの3Dモデルを生成できますか?
はい、当社のモックアップサービスを利用すると、モデルソリューションはArtcamソフトウエアを使って御社のデザインの3Dモデルを生成できます。
 
私の部品について2番目のプロセスとアセンブリを行うことができますか?
はい、モデルソリューションは、少量生産の試作や必要な量の生産のために御社の部品をマニュアルでアセンブリすることができます。当社の熟練した作業員やエンジニアは御社の製品にふさわしい詳細にまで踏み込んで注意深く部品を組み立て、その製品をいち早く市場へ提供するお手伝いをします。モデルソリューションは御社の部品(熱カシメによるねじ受け挿入部品や、超音波溶接、にかわ付けなど)の機械的なサブアセンブリも提供できます。これが、モデルソリューションが要求以上のことができる技術の一つです。
 
自分の部品の外観検査をできますか?
モデルソリューションは、最初の品物検査(FAI)とクリティカル・ツー・ファクター(CTF)検査サービスという二つのサービスを提供できます。当社は御社の試作部品の正確な測定を、当社のタクタイルおよび光学的座標測定器(CMM)を使って行います。ともにプロセス中でもプロセス後でも測定できます。製造プロセス中に寸法をチェックすることによって、当社は、ミスが発生する前に変化をチェックすることによって時間と材料と費用を節約することができます。このことによって、試作品でも最終製品でも生産性と品質が改善します。
 
どのような品質管理サービスを提供してくれますか?
もし試作品が期待する品質に達しなければ早く納入してもメリットはありません。モデルソリューションは、開発期間を早くするために手を抜くことはありませんので、御社が期待する基準を満たす部品を受け取ることを約束します。当社は国際基準に従って厳しい品質管理を行っています。そのうえ、トレーサビリティのために完全なドキュメンテーションを守っています。詳細なモニタリングプロセスはGMPガイドラインに準拠しており、最新の製造装置によって当社は全ての最終製品の準拠についてテストできます。
 

機械加工技術

モデルソリューションは私の部品にCNC機械加工をいつ使ってくれますか?
当社の高速CNCミリングおよび回転性能が高いので、最も精密で正確な外観モデル、完全動作するエンジニアリングの試作品やマスターパターンを製作します。工作機械は比較的少量生産の部品を作るのに使われます。典型的には、CNC工作機械は1個から数十個までの部品を1~3日以内のターンアラウンド期間で製作するのに使われます。
 
モデルソリューションの持つ機械加工プロセスを特長づけているものは何ですか?
モデルソリューションのエンジニアと機械作業者、最新の5軸CNCマシンがプロセスのスピードを上げ、厳しい許容度の要求を満たしながら極めて複雑な寸法精度を高めています。CAM(コンピュータ支援による製造)ソフトウエアは、これまで以上の正確な寸法と設計通りの配合の材料で製品を作製するのにCNCマシンとエンドミルの最新のプログラミングによってもっと速い製造プロセスを可能にします。現在使っているプログラムは、UG-NXとCimation、Mastercamです。
 
モデルソリューションのマシンで自分の部品を作るのにコストはいくらかかりますか?
モデルソリューションが御社の部品の3D CADモデルを持ってしまえば、1個~数十個の部品を作るのにかかる見積りを早く作成できます。
 
モデルソリューションは、自分の作業で使える材料の在庫はありますか?
当社の材料にはABS樹脂や透明感のあるアクリル樹脂、ナイロン、ポリカーボネート樹脂、ガラス繊維のPC、ウレタン樹脂、PEEK(ポリエーテルエチルケトン)、ポリプロピレン、HDPE(高密度ポリエチレン)、アセチル樹脂、ポリウレタンゴム、アルミニウム、ステンレス鋼、マグネシウム、チタン、ゴリラガラスなどです。当社が定期的に作業している現在の材料の全リストを見てください。当社が提供できる仕上げ材料には、クロムメッキや、陽極酸化、粉体塗装、電着、NCVM(非電導体塗装)、黒染め、ブラッシング、ビード吹付加工、スパンテクスチャリング、レーザー&化学エッチング、ダイアモンド加工、シルクスクリーニング、直接デジタル印刷(IMRをシミュレーション)を含みます。生産工程に移す前に製品の重さを感じるために、モデルソリューションは時々、一般のガラスを機械加工した平坦なガラスの中で作業します。そしてその後、熱処理やUVコートやAFコートを行います。このガラスは、エッジが丸い2.5Dのガラス部品を作るために機械加工するのです。真空でメタライズした薄膜をガラスの裏面に積層され、メタリックな外観のようにシミュレートします。
 
モデルソリューションが生産できる部品のサイズはどれくらいですか?
大きいものでは、ベッドサイズの2,400×1,000×550 mmの部品が大型部品を処理するものとしてすでに入手できます。
 
3Dプリンティングではなく機械加工で自分の部品を手に入れるのはいつがよろしいですか?
3Dプリンティングのようなアディティブ製造プロセスでは、機械加工よりも本質的に不利な点がいくつかあります。それは製作工程の本質的なことによるもので、仕上げの表面が粗くなってしまうことです。部品は液状か粉末が最初の材料からでき、固体のブロックからではありません。部品を機械加工することはサブトラクティブプロセスなので、最初に使った材料と同じ固体の材料を仕上げますので、同じ材料特性を持つ部品になります。モデルソリューションのCNC工作機械のターンアラウンド時間は早いため、3Dプリンティングと比べ競争力があります。好ましいプロセスの時に入手可能です。
 

射出成型用の加工技術

 
モデルソリューションは、私の部品に射出成型をいつ使うのですか?
必要な部品の数量がある基準数に達したら、通常は射出成型を使って部品を生産することに経済的な意味があるようになってきます。モデルソリューションは、高精度な試作品やプリプロダクションの部品、生産に使う機械加工技術を素早く開発することができます。試作用の工作機械は、テスト目的でコストの安い工作機械を使い、ある程度の数だけ生産します。そうすると、もし合わないという問題などが生じた場合には早く簡単にデザインを変更できるようにしておけます。典型的には5~7日のターンアラウンド期間で済みます。部品の数量は、1000個 (アルミの金型)から5万個(スチールの金型)まで可能です。プリプロダクション用の工作機械は、販売が目的であり、長持ちして動作可能で、機能を持った試作品であり、生産ラインで製造することができますので、御社のアイデアを顧客に紹介して、フィードバックをもらいデザインを改良します。この工作機械を使うとターンアラウンド期間は10~15日です。生産用の工作機械は、御社のデザインのもっと磨きをかけて開発を完了したら、取り掛かることになります。多数のキャビティと冷却チャンネルを持った、固める前の鋼鉄ベース自動射出成型を設計して、適切な温度管理を通してサイクル回数を最適にします。この場合のターンアラウンド期間は20~30日かかります。
 
何がモデルソリューションの射出成型プロセスを特別にしているのでしょうか?
当社の実力は、射出成型、オーバーモールディング、縦型のインサート成型、薄壁の射出成型、コンプレッションモールドが可能で、それらは少量から中量の数量の部品に向きます。2回の射出成型技術を使うと、モデルソリューションは、柔らかいタッチの握り部や、多色のボタン、落下保護などがある御社の製品の実感覚を体験できます。生産プロセスがより少なくなりますので時間と費用を節約できます。さらに射出成型サービスの追加メニューには、マスターバッチ処理、インモールドのラベル張り、熱可塑性エラストマー(TPE)モールディングや塗装、コーティング(PVD/VCVM)、メッキ、印刷(パッド/シルクスクリーン/インク技術/彫刻加工)、レーザーマーキングがあります。クリールームでの製造を望むなら、モデルソリューションは、ISO 13485:2003規格に準じたクラス100Kのクリーンルームでの射出成型とアセンブリ、パッケージングの生産能力を提供し、温湿度制御の環境でパーティクルのない工程を保証します。
 
モデルソリューションは私の部品に合ったベストの樹脂の選択を支援してもらえますか?
部品の設計とアプリケーションは、材料の特性(衝撃強度、延性、張力)とコストによって、御社が考慮すべき材料の種類を規定します。ある設計は、異なる金型技術を必要としますが、それは材料の選択も規定します。モデルソリューションのエンジニアは、御社と材料選択に関していつでも打ち合わせする用意があります。
 
私が期待している時より前に工作機械が故障したらどうなりますか?
もし工作機械が落下するなど物理的な損傷ではなく、別の理由で故障してしまうなら、モデルソリューションは無償で工作機械を交換します。
 
モデルソリューションは、私の作業に使う材料のストックを持っているのでしょうか?
モデルソリューションは、たいていのポリマーやシリコーン、TPU、ゴム材料用の射出成型機や、いろいろな色のシリコーンや液状シリコーンゴム、BNR、EPDMのコンプレッションモールド機を提供します。さらに当社は、シリコーンや、プラスチック上のフィルム、プラスチックのハードトップなどいろいろな材料と色におけるキーマットのコンプレッションモールド機も提供します。
 
モデルソリューションはどのような部品サイズを生産できますか?
モデルソリューションで生産される最大の部品は、450トンのモールドプレスを使う、60×260×380mmのモールド部品です。
 
3Dプリンティングで作製された部品と比べて射出成型部品のメリットは何ですか?
3Dプリンティングのようなアディティブ製造プロセスは、本質的にその製造プロセスによって、射出成型よりも不利です。仕上げ表面が粗いからです。最初から射出成型が使われるなら、生産を始める前に、射出成型プロセスはどのような強度の問題や信頼性の問題でも特定し解決できるからです。
 

3Dプリンティング

モデルソリューションはどのようなタイプの3Dプリンティングを提供しますか?
当社の3Dプリンティングサービスは、クラウドベースのアディティブ製造プロセスの便利さ・スピードと、当社の熟練作業者の高精度で高確度を組み合わせています。当社は、中ないし高解像度の試作品や動作部品をSLA(ステレオリソグラフィ)と、FDM(溶融堆積モデリング)、ポリジェットで生産します。これらのサービスは御社のデザインの細かい詳細な部分を、塗装やアセンブリの時間のかかる工程を使わずに実現します。
 
ステレオリソグラフィとは何ですか?
SLA(ステレオリソグラフィ)は、3D物体を創出するアディティブ製造プロセスの一つで、一度に1層ずつ底から上へフォトポリマリゼーションによって部品を作っていきます。液状で感光性ポリマーはUVレーザー光があたると固まりますので、部品を形成できます。このレーザーは部品のデザインを定義したコンピュータプログラムによって駆動されます。各層が形成されると、その層は下がり新たな液状の層が部品を覆います。オーバーハング形状のような特徴を含める必要がある場合はよくありますが、支持構造を、形成プロセスの最後に取り除きます。SLAは、表面仕上げを除き、1日以内に機能部品を作製できる高速プロセスです。部品のサイズにもよりますが、多数の部品を1回の作製工程で作ることができます。
 
溶融堆積モデリングとは何ですか?
FDM(溶融堆積モデリング)は、金属ワイヤーやプラスチックのフィラメントの形の材料を溶かすアディティブ製造プロセスの一つです。非常に細いノズルから出てきて3D物体を形作るために薄い層に置かれます。堆積していくノズルは部品のデザインを決めるコンピュータプログラムによって駆動されます。部品は、底から上へと作られていき、一度に1層ずつ形成されます。多数の材料をこの工程では使うことができます。部品の材料を1層目に形成し、デザインに必要な支持材料を2層目に形成するとオーバーハングのような形状を作製でき、この支持層を製作の最後に取り除きます。FDMは3Dプリンターの部品を早く製作できますが、精度はよくありません。
 
ポリジェットとは何ですか?
ポリジェットは感光性液体ポリマーの液滴をコンピュータ駆動のノズルから発射させて部品を作っていくアディティブ製造プロセスの一つです。1層ごとに底から上へ作っていきます。堆積後すぐにポリマーをUV光でキュアします。ポリジェットは、ミクロレベルの薄い層に液状材料を堆積させるので、非常に精密な部品を早く正確に作り上げますが、表面は粗いのが欠点です。多数の材料を1回の製作工程で使えますので、支持材料を導入したり、色や材料を部品に追加したりすることができます。部品サイズによりますが、多数の部品を1回の製造工程で作製できます。
 
モデルソリューションが私の部品を3Dプリンティングで作るのにコストはいくらかかりますか?
モデルソリューションが御社の部品の3D CADモデルを持っていると、1個から数個の部品を作製するための見積を出すことができます。価格は、部品のサイズや工程、選択される材料によって変わります。