ポリジェット

ポリジェット

Stratasys Objet 500, Connex 3

ポリジェット3Dプリンタはインクジェットプリンタと同様に動作しますが、インクが紙に落ちるということはありません。ポリジェット3Dプリンタは、基板トレイ上に液状でキュアできる光可塑性ポリマーを層状に吹き出します。各層は紫外線ランプによってキュアされ、極めて複雑な形状で、細かい細工、スムーズな表面の試作品を作り出します。この試作品は美的感覚を含めた最終製品になります。1回のプリントで多数の材料を組み合わせて、モールド部品を超えるような部品や多数のデュロメーターのモデルを創造できます。ポリジェットのラピッドプロトタイピング工程では、高解像度のインクジェット技術を使い、素早く経済的に部品を作ります。これによって、プレゼンテーションのモデルや詳細な試作物、マスターパターンなどの優れたオプションを作り出します。

このプリンタが選ばれる理由:
  • 複雑で高解像度の形状が得られる
  • 最大の部品サイズ490 × 390 × 200 mm (19.3 × 15.4 × 7.9インチ)
  • 層厚30ミクロン (0.001インチ)
  • 材料を組み合わせ、多数のデュロメーターを実現
  • 選択できる材料:
    • Vero Pure White: Veroの純白:明るい、オパーク、白の堅い材料
    • Tango Black Plus: Tangoの黒プラス:黒くフレキシブルでゴム状の材料Shore 27A
    • Digital ABS: デジタルABS:耐熱性でたわみや衝撃に強いABSのような材料。色はアイボリー。機能を持つモデルに適し、and snap-fit features

ポリジェットの事例

ここにポートフォリオのウィジェットを入れてください